文字サイズ

岩隈も巨人入り 原監督は先発として期待「非常に強い味方が加わった」

 岩隈久志
1枚拡大

 巨人は6日、米大リーグ・マリナーズを今季限りで退団した岩隈久志投手(37)と来季の契約を結ぶことについて合意したと発表した。契約期間は1年。後日、正式に契約を締結し、会見を開く。岩隈は2011年以来の日本球界復帰となる。日米通算170勝右腕の加入決定に、原辰徳監督(60)は「私の中ではスターター一本で、チームの一員として戦ってもらいたい」と先発として期待した。

 覇権奪回へ大型補強を推し進める巨人が、日米通算170勝右腕の獲得に成功した。先発陣の柱の1人となり得るベテランの加入。原監督は「非常に強い味方が1人、チームに加わったという感想です。今まで培ったキャリアを胸に、思い切ってジャイアンツで戦ってもらいたい」とコメントを発表した。

 岩隈は9月にマリナーズを退団。以降、巨人は水面下で獲得調査を進めていた。複数球団が興味を示していたが、この日、岩隈本人から入団の意思を知らせる連絡が入ったという。昨秋に右肩を手術しているが「心配はしていない」と大塚球団副代表編成担当。すでにキャッチボールを始めているという。

 原監督にとって、岩隈は2009年のWBCで監督と選手としてともに戦い、世界一を勝ち取った縁がある。「色んな意味で岩隈とは信頼関係があると自負しております」。その実績、能力を熟知し、高く評価している。

 今オフはビヤヌエバ、中島、炭谷、丸と“大物”を続々と獲得してきているが、投手の補強は岩隈が初めて。今季、チームの2桁勝利は菅野のみで、指揮官は「私の中ではスターター一本で」と期待した。投球だけでなく、その存在が若手投手陣への刺激、手本になることは間違いなく、投手陣の底上げに、頼もしい一枚が加わることとなった。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス