文字サイズ

オリックス、U-23銀メダルコンビは現状維持

現状維持で契約更改を終えたオリックスの鈴木優=青濤館(撮影・持木克友)
2枚

 オリックスからU-23W杯に参戦した山崎颯一郎投手、鈴木優投手が22日、大阪市此花区の球団施設で契約更改交渉を行いそれぞれ山崎颯が500万円、鈴木優が510万円の現状維持で契約した。

 山崎颯は「U-23に呼ばれて自信を得られました。試合開始時間が早かったり、環境も違った。風呂がなくて疲れがとれなかった。今の環境が恵まれていると実感しました。チームメートが練習とかウエートトレーニングでだれもしゃべらず黙々とやっていた。自分もしっかりやらないといけないなと思いました。この経験を生かして来年は1軍デビューをしたい」と話した。

 鈴木優は「勝ち試合に投げさせてもらった。あの緊張感は1軍の試合で投げる緊張感に似ている。すごくいい経験をさせてもらった。来季は同級生も増える。この世代でチームを支えられるように1年間1軍で戦っていけるようにしたい」と力強く話していた(金額は推定)。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      野球最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(野球)

      話題の写真ランキング

      写真

      デイリーおすすめアイテム

      リアルタイムランキング

      注目トピックス