文字サイズ

創価大“来秋ドラフト候補リレー”実らず 関西国際大との初戦で敗退

 1回、西川雄大に左越え本塁打を浴びる創価大先発・杉山晃基
1枚拡大

 「明治神宮野球大会・大学の部2回戦、関西国際大4-2創価大」(11日、神宮球場)

 創価大は3年生トリオの“来秋ドラフト候補リレー”が実らず、初戦で姿を消した。杉山晃基投手(盛岡大付)が6回4失点。七回に小孫竜二投手(遊学館)、八回に望月大希投手(市船橋)へと継投したが、逆転を呼ぶことはできなかった。

 最速154キロを誇る自慢の直球を完璧に運ばれ、汗をぬぐって悔しさを押し殺した。杉山は五回、先頭を安打で出すと、続く関西国際大の7番・深尾に右翼へ2ランを被弾。甘く入ったとはいえ、飛距離の大きさに「全国大会のレベルが高いな」と唇をかんだ。

 初回にも甘いスライダーを捉えられ、先制2ランを浴びた。2本のアーチに沈んで全日本大学選手権に続く初戦敗退となり、「何かを変えなきゃいけない」とレベルアップを誓った。

 敗れはしたものの、第4試合にもかかわらず8球団が視察するなど注目度は高い。阪神・畑山チーフスカウトは「(杉山は)真っすぐがいい。(小孫、望月を含め)3人とも楽しみ」と評価。創価大の右腕3人衆が来秋の主役となる可能性は十分ある。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス