文字サイズ

日本ハムが“甲子園のスター”続々指名 吉田に野村、万波、柿木も

 日本ハムから1位指名を受けた金足農・吉田輝星は引き締まった表情で侍ポーズを決める=秋田県立金足農業高校
2枚

 「プロ野球ドラフト会議」(25日、グランドプリンスホテル新高輪)

 金足農・吉田輝星投手は、外れ1位で日本ハムが“一本釣り”に成功した。

 日本ハムは1巡目で大阪桐蔭・根尾昂内野手を指名。抽選で外れたが、吉田の交渉権を獲得した。さらに2巡目では2年時に4番として夏の甲子園を制覇した花咲徳栄・野村佑希投手を指名。3巡目で日本通運・生田目翼投手、4巡目では横浜・万波中正外野手の交渉権もゲットした。

 さらに5巡目では大阪桐蔭の柿木蓮投手も指名した。吉田、野村、万波、柿木は今夏甲子園に出場している。

 柿木は吉田について「ジャパンでも一緒だったし、仲良くすると思う。一緒にトップで頑張れればと思う」と切磋琢磨を誓った。

 日本ハム・栗山監督は1巡目指名後、報道陣に対応。開口一番、「良かった。本当にうれしい」と満面の笑みを浮かべた。「くじのイメージしかなかった。吉田の“よ”を言うなよ、と祈っていた」と、本音を漏らした。根尾を先に指名した経緯についてエンゼルス・大谷を二刀流で育てた実績があり、「二つやれる人(二刀流)を、本人の意向は別としてチームとして経験してきた。根尾君でいくか吉田君でいくか最後まで悩んだが、評価は同じだった」と説明した。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      野球最新ニュース

      もっとみる

      スコア速報

      主要ニュース

      ランキング(野球)

      話題の写真ランキング

      写真

      デイリーおすすめアイテム

      リアルタイムランキング

      注目トピックス