文字サイズ

日本ハム“吉田獲り”急浮上 DeNAと一騎打ち「サプライズあるかも」

 金足農・吉田輝星投手
1枚拡大

 日本ハムは25日のドラフト会議で、1位指名を金足農・吉田輝星投手(17)に転換する可能性があることが24日、分かった。大阪桐蔭・根尾昂内野手(18)が1位指名の最有力候補だったが、この日に実施された最終のスカウト会議で“吉田獲り”が急浮上した。

 午後3時に始まった前日会議。終了したのは4時間後、日が暮れた午後7時過ぎだった。その間、他球団は次々と1位指名を公表。根尾はヤクルト、巨人、中日が…。スマートフォンで情報を確認し、熟考を重ねる。吉村GMが決断に至った経緯の一端を説明した。

 「(1位指名は)決まりました。他球団の情報等も確認した上で、最終的には1人に絞りました。サプライズはあるかもしれない」

 他球団の情報で判断が左右されたことを認め、競合する可能性については「あえてノーコメントで」と吉村GM。複数球団で競合する根尾を避け、DeNAと一騎打ちで吉田獲得へ向かうもようだ。

 “清宮獲り”の実績を引っさげ、抽選役を務める木田GM補佐は「みんなで決めたドラフト1位。ファイターズに来てほしい気持ちは強いです」と静かに決意を語った。吉田を指名する可能性は高いが、直前に急転する可能性もある。いずれにしても球団としての方針である、その年のナンバーワンの選手を入札する。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス