文字サイズ

DeNA・ラミレス監督、続投 全日程終了後、球団が要請へ

 8回、空振り三振に倒れベンチへ戻る筒香(手前)。右はラミレス監督
1枚拡大

 DeNAが今季で1年契約が切れるアレックス・ラミレス監督(44)に来季の続投を要請する方針を固めたことが6日、分かった。シーズン全日程を終了後に正式要請。合意すれば来季は4年目の指揮を執ることになる。

 今季は開幕から今永、浜口らが故障で出遅れ、開幕後も梶谷ら故障者が続出。シーズン序盤は首位にも立ったが、夏場以降は下位にも低迷する苦しいシーズンを送ってきた。

 この日の阪神(24)戦(甲子園)では打線が奮わず。3点を追う七回にソトの3ランで同点とするが、延長十回にサヨナラ負け。3連敗で自力CSの可能性が消滅した。ラミレス監督は「まだ希望はある。戦い続けるしかない」と話したが、3年連続CS進出は厳しい状況に追い込まれた。

 それでも球団は、16年のラミレス監督就任後、前年の最下位から2年連続でCS進出に導いた手腕を評価。4年目の指揮を任せる決断に至った。球団幹部は「(人事は)すべてシーズンが終わってからになる」と説明。ポストシーズンを含めたチームの全日程終了後、迅速に来季への動きを進めることになる。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス