文字サイズ

大阪桐蔭・藤原、4日にプロ志望届提出「将来はトリプルスリーができる選手に」

 試合を終えインタビューを受ける藤原
1枚拡大

 「福井国体・高校野球硬式・準々決勝、大阪桐蔭5-3済美」(3日、福井県営野球場)

 今夏に史上初となる2度目の甲子園春夏連覇を果たした大阪桐蔭が国体でも1位となり、“8冠”を達成して有終の美を飾った。

 今秋ドラフト1位候補の藤原は、4日にプロ志望届を提出する。12球団OKの姿勢で「1、2年目が大切だと思うので、しっかり体作りをしたい。まだまだ実力不足だけど、将来はトリプルスリーができるような選手になりたい」と目標を語った。また、柿木蓮投手、横川凱投手(ともに3年)もプロ志望届を提出する。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス