文字サイズ

西武、辻監督が8度舞う 昨年急逝した森コーチも胴上げに“参加”

優勝が決まり、胴上げされる西武・辻発彦監督の周りで喜ぶ西武ナイン
ナインと喜び合う菊池(中央)
2枚2枚

 「日本ハム4-1西武」(30日、札幌ドーム)

 西武が、10年ぶり22度目のリーグ優勝を決めた。日本ハム戦に敗戦も、マジック対象チームだったソフトバンクもロッテに黒星。試合途中で優勝が決まり、西武ファンから歓声が沸き起こった。

 勝って決めることはできなかった。前日29日、ソフトバンクとの直接対決で敗れ、本拠地胴上げならず。この日も自慢の強力打線がつながらず、反撃できなかった。

 それでも、試合後はベンチ内で全員が握手をして祝福。その後、マウンド付近で辻監督が8度、宙を舞った。引退を表明している松井稼頭央も胴上げ。昨年6月に急逝した森慎二投手コーチ(享年42)のユニホームも、増田が掲げて一緒に胴上げに参加した。

 辻監督は「特にピッチングスタッフは森慎二コーチの血というのが非常に大きい。昨年はAクラスに入りましたが、日本シリーズにも行けなかった。今年にかける気持ちは大きく、全員で勝つんだと戦ってきました」と、天国の森コーチにも感謝した。

 森コーチは昨年のシーズン中に体調を崩し、チームを離脱。6月28日、多臓器不全で亡くなった。

野球スコア速報

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス