文字サイズ

巨人 屈辱の12年ぶりシーズン負け越し&70敗に到達…守護神山口俊が9敗目

9回、勝ち越しを許し、マウンドで渋い表情の巨人・山口俊ら=東京ドーム(撮影・金田祐二)
1枚拡大

 「巨人7-8広島」(29日、東京ドーム)

 巨人が痛恨の敗戦で70敗目。DeNAに並ばれ、3位タイとなった。4試合を残し、12年ぶりのシーズン負け越しも確定。決勝点を献上した抑えの山口俊投手が、9敗目を喫した。

 味方が4点ビハインドを追いつき、7-7。高橋監督は守護神山口俊にマウンドを託した。だが、右腕は先頭菊池に初球があわや頭部死球となりそうな抜け球。不安が漂うと、ストレートの四球で出塁を許した。丸、鈴木は連続三振に仕留めたが、二盗も許して2死二塁。ここで西川には左前適時打を打たれ、7-8とリードを許した。

 投手陣が踏ん張りきれなかった。1点リードの五回、先発の今村が無死満塁のピンチを招いて降板。アダメスにスイッチしたが、押し出し四球で同点。さらに野間、小窪、石原の3連続適時打などで一挙5点を奪われ、逆転を許した。

 打線は必死に抵抗した。一回は坂本勇が先頭打者本塁打。1点を追う三回、田中俊の2号2ランで逆転した。その後4点を追う展開となったが、六回に1点を返し、七回には坂本勇がこの日2本目の17号2ランで1点差に迫った。さらに阿部が執念の左前適時打。最大4点ビハインドを追いつく粘りをみせた。

 勝ち越しを許した九回も2死から一、三塁と好機をつくったが、亀井が右飛に倒れてゲームセット。東京ドームに重いため息が充満した。

野球スコア速報

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス