文字サイズ

2020年プロ野球 東京五輪でレギュラーシーズン23日間の中断案検討

 2008年の北京五輪野球日本代表
1枚拡大

 2020年東京五輪に協力するためのプロ野球の中断期間が7月22日から8月13日となる案が検討されていることが11日、分かった。ソフトボールが始まる開会式の2日前から中断に入り、閉会式後に4日間の調整期間を設け、公式戦は8月14日に再開する。12日のオーナー会議で承認されれば、中断期間は23日間となる。

 日本野球機構(NPB)は11日、20年のレギュラーシーズンの前半戦を7月18日までとし、オールスターゲームを同19、20日に開催すると発表した。同21日はオールスター戦の予備日。五輪の野球の決勝は8月8日に予定されている。閉会式翌日に再開することも検討されたが、決勝の予備日が9日で余裕がないことから調整期間を設ける案が出た。

 NPBの井原敦事務局長は20年のシーズン開幕と日本シリーズの時期について「開幕戦は1週間ぐらい前倒しし、日本シリーズは例年より10日、2週間は遅くならざるをえない」と見通しを示した。

 また、東京都内で行われたプロ、アマ合同での会議で、新国立競技場に隣接する神宮球場が20年7月6日から9月13日まで、野球・ソフトボールの主会場の横浜スタジアムは6月9日から8月31日まで、サッカーで使用される札幌ドームは6月15日から8月31日まで使用できないことなどが報告された。ペナントレースなどへの影響が大きいため、大会組織委員会に神宮以外の2球場の期間短縮を求めることを確認した。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス