文字サイズ

オリックスが逆転勝ち ディクソンが7回1安打投球

 「ロッテ1-3オリックス」(24日、ZOZOマリンスタジアム)

 オリックスのディクソンが、7回を1安打1失点で4勝目(5敗)を挙げた。

 打線は1点を追う八回、2死走者なしから逆転に成功。マレーロ、福田の連打と平沢の失策で二、三塁として、代打・中島が右前へ2点タイムリーを放った。さらにロメロの右翼への飛球を平沢が落球。一塁走者が一気に生還し、リードを2点に広げた。

 ロッテはそれまで完封ペースだった二木が八回、失策も絡んで崩れ、7回2/3を7安打3失点(自責1)で4敗目(3勝)。打線は五回に田村のタイムリー三塁打で1点を先制。九回には増井から2死満塁の好機をつくったが、代打・福浦が左飛に倒れ、得点に結びつかなかった。チームは3連敗となった。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      野球最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(野球)

      話題の写真ランキング

      写真

      デイリーおすすめアイテム

      リアルタイムランキング

      注目トピックス