文字サイズ

藤原2発!大阪桐蔭 夏通算本塁打でPL超え 甲子園通算も歴代1位

 5回、大阪桐蔭・藤原は右越えにソロを放つ(撮影・山口登)
1枚拡大

 「第100回全国高校野球選手権・準々決勝、大阪桐蔭11-2浦和学院」(18日、甲子園球場)

 準々決勝4試合が行われ、4強が出そろった。史上初2度目の甲子園春夏連覇を目指す大阪桐蔭は、今秋ドラフト1位候補・藤原恭大外野手(3年)が、2本塁打を放つなど、4本塁打で4年ぶりに準決勝へ進出。五回の藤原のソロで同校の夏通算本塁打が46本となり、PL学園(45本)を抜いて歴代1位に躍り出た。九回は石川瑞貴内野手(3年)のソロで、春夏通算71本塁打とし、こちらもPL学園(70本)を超えて歴代1位となった。

 史上最速5時40分に満員通知が出された優勝候補対決。異様な熱気の中、藤原が4万1000人の観衆の度肝を抜いた。名門の4番が、高校野球史を彩ったPL学園の本塁打記録を塗り替えた。

 二回に根尾昂内野手(3年)がPL学園の夏通算45本塁打に並ぶ先制ソロ。「乗せてくれた」と藤原。ライバルに刺激を受けて迎えた五回2死。初球に狙いを定めた。

 「ずっと内角を攻められていたので、また来る」。内角高めの143キロを、腕をたたんでフルスイング。常人離れした右手85キロ、左手90キロの握力で握ったバットは力負けしない。打球はどよめきとともに右翼席へ。大阪桐蔭にとって夏通算46本目の本塁打で“強打のPL”を超えた。

 打たれた浦和学院の右腕・渡辺は「自信がある球を内角へ投げて『あれを本塁打にするか』という感じ」。今秋ドラフト候補を脱帽させる一発だった。

 PL学園は憧れの存在だった。2歳上の兄・海成さんは、16年夏から休部している同校最後の部員の1人。兄を慕っていた藤原は、名門への進学を志したこともあった。

 高校でプレーするうちに偉大さも知った。「清原さん、桑田さんや偉大な打者がいたすごいチーム。記録を超えられてうれしい」。感慨深そうに話した。

 海成さんは一塁アルプス席で応援。「PLから桐蔭へ時代が変わっていると感じて、寂しい気持ちになりました。でも、弟に記録を抜いてもらえてよかったです」。不思議な縁を感じ、穏やかな表情で弟を見つめた。

 勢いに乗った4番は、八回2死で弾丸ライナーをバックスクリーンへ運んだ。「完璧。今までに打ったことのない本塁打だった」。高校通算32号は自画自賛の一発。昨春センバツ決勝・履正社戦以来となる甲子園での1試合2本塁打となった。

 4安打5打点で4強進出へ貢献。今大会は3本塁打を放っているが、「自分はそんなすごい打者じゃない」と浮かれる様子はない。史上初2度目の春夏連覇まで、あと2勝。大阪桐蔭には頼もしい4番がいる。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス