文字サイズ

創志学園・西、ガッツポーズ注意受けていた「必要以上しないように」

8回下関国際2死、下関国際・鶴田をい三振に打ち取り雄たけびを上げる創志学園・西=甲子園(撮影・山口登)
逆転負けし天を仰ぐ創志学園・西=甲子園(撮影・山口登)
完封勝利を挙げ、拳を突き上げる創志学園・西
3枚3枚

 「第100回全国高校野球選手権・2回戦、下関国際5-4創志学園」(15日、甲子園球場)

 創成館(長崎)との1回戦で4安打完封勝利を挙げた創志学園の先発・西純矢投手(2年)が9回を3安打も9四死球と制球に苦しみ、5失点で九回逆転負けを喫した。

 チームを夏初勝利に導いた右腕が甲子園を去った。初回三者凡退立ち上がるも、二回からリズムを崩した。五回まで毎回四死球の走者を置く苦しい投球。無四球で毎回の16奪三振を奪った1回戦からは予想できない姿だった。

 初回に球審から「必要以上のガッツポーズをしないように。試合のテンポを良くするために、早くプレートについて」と注意を受けたという。1回戦でも、ピンチを切り抜けるたびに、こぶしをつくって自らを鼓舞していたが、この試合の初回もマウンド上で雄たけびを上げていた。

 中盤からは雨も降り、狂いを生じたリズムは元には戻らなかった。投じた球数は179を数え、九回は先頭打者から2四死球を与え、逆転を許した。

 くしくもこの日は昨年亡くなった雅和さんの46歳の誕生日だった。試合後、人目をはばからず号泣した西は、「父はよく頑張った。来年戻って来いと言ってくれると思う。自分の投球ができなかったが、この経験を生かして来年戻って来たい」と誓っていた。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス