文字サイズ

巨人・マルティネスがヘッドスライディングで負傷し途中交代 左手小指痛め、初回で退く

1回巨人無死、左中間二塁打を放ち、阪神 エフレン・ナバーロの悪送球で三塁を陥れる巨人 ホルヘ・マルティネス=東京ドーム(撮影・出月俊成)
1枚拡大

 「巨人-阪神」(9日、東京ドーム)

 巨人・マルティネスが途中交代した。三塁へヘッドスライディングした際に左指を痛めた。

 自身初、巨人の外国人選手としては2016年のガルシア以来となる1番で先発出場。初回、阪神先発・秋山から左中間を割る打球を放ち、阪神守備陣の中継の乱れを突いて三塁へ豪快にヘッドスライディング。その際に左手小指を痛め、この回の攻撃終了後に高橋監督が中井への交代を告げた。

 マルティネスはこの日が12試合目の出場。7月27日の中日戦でデビュー初打席初本塁打をマークしている。

野球スコア速報

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス