文字サイズ

明徳義塾・市川まさか10失点…9連覇を逃した馬淵監督「辞めれんなったね」

 高知商に敗れ、悔しがる市川(中央)ら明徳義塾ナイン
1枚拡大

 「高校野球高知大会・決勝、高知商10-2明徳義塾」(26日、高知県立春野球場)

 明徳義塾は最速149キロのプロ注目右腕・市川悠太投手(3年)が崩れ、9連覇はならなかった。

 エース市川がまさかの10失点。高知商打線に打ち込まれ「相手の方が力が上だった」と唇をかんだ。最速149キロの鉄腕は、昨秋の新チーム結成後の公式戦すべてを1人で投げ抜いた。今後の進路については「プロ志望届を出します」と明言。9連覇を逃した馬淵史郎監督(62)は「辞めようと思ってたけど、辞めれんなったね。出直します」と再起を誓った。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス