文字サイズ

日大三が辛勝発進 小倉監督「落とさなかっただけ良かった」

3回無失点と好投した日大三・中村
3安打2打点とバットでも活躍した日大三・中村
2枚2枚

 「高校野球西東京大会・3回戦、日大三7-4杉並」(13日、ダイワハウススタジアム八王子)

 秋春王者で今春センバツに出場した日大三は辛勝発進となった。最大3点リードされる展開となったが、1点を追いかける六回に中村奎太投手(3年)の2点適時打で逆転。夏5年ぶりの聖地へ4回戦に進出した。

 背番号1が初戦敗退の危機を救った。「5番・中堅」で先発出場した中村。まずはバットで魅せた。3-4と勝ち越された直後の六回2死満塁の場面で、右前へ値千金の2点適時打。「いい打球が打てた」と3安打2打点と主軸としての期待に応えた。

 七回無死一塁からはマウンドで躍動した。「自分が流れを変えてやろうと投げる意識を持っていた」と攻守交代時のキャッチボールから入念に準備。3回無失点で試合を締め、エースの役割を果たした。

 初戦から苦しい展開に小倉全由監督は「落とさなかっただけよかった」と思わず苦笑いを浮かべた。センバツでは2回戦で三重に0-8と完敗。悔しさを晴らすために、春夏連続の聖地切符へ気を引き締めていく。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス