文字サイズ

DeNA・筒香、今季初の欠場 背中の強い張り訴え ラミレス監督は軽傷と説明

 「オリックス7-3DeNA」(15日、京セラドーム大阪)

 DeNA・筒香嘉智外野手が、背中の強い張りで今季58試合目で初の欠場となった。この日は4番に宮崎が入り、3番・楠本、5番・佐野と若手が並ぶラインアップに。だが、4点を追う四回無死一、二塁では宮崎、佐野、中川大がオリックス先発・西に封じられ無得点に終わり、打線がつながらなかった。

 終盤には7点を追う七回1死三塁で中川大が右中間への適時二塁打。八回にも1点を加え、九回1死から中川大が中堅への今季1号ソロを放ち、その後も1死満塁と攻め立てたが、大きなビハインドをはね返すことはできなかった。

 ラミレス監督は試合後、筒香について「上半身に張りがあったので今日は休ませた。抹消する程ではない。明日の様子を見て試合の出場を決めたい」と軽傷であると説明した。

 ロペス、ソト、梶谷ら主力を故障や体調不良で欠き、倉本や戸柱も不振で2軍という苦しい状況。2試合連続でスタメン出場の中川大は「けが人が多い苦しい状況だが、何とか全員で勝とうと頑張っている。明日は勝ちたい」と話していた。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス