文字サイズ

ヤクルト青木、先頭打者ランニングHR 史上9人目「必死に走りました」

【西武-ヤクルト最終戦】1回無死、ランニングホームランを放ったヤクルト・青木(撮影・冨永豊)
1枚拡大

 「交流戦、西武-ヤクルト」(14日、メットライフドーム)

 ヤクルトの青木宣親外野手が史上9人目となる先頭打者ランニング本塁打を放った。

 1勝1敗で迎えた西武との第3戦。青木は「1番・中堅」でスタメン出場。初回、1ボール2ストライクからの4球目。十亀の直球をセンターへ打ち上げると、秋山が飛球を見失い頭上を越えフェンスへ。全力疾走の青木は息を切らしながらも本塁へ滑り込んだ。

 「打ったのはストレート。会心の当たり?でした?たぶん、日本では初めてだと思います。走ってはいたけど、お客さんの歓声で気がついて必死に走りました」とコメント。

 ランニング本塁打の先頭打者弾は2014年5月6日、ロッテ・荻野貴司外野手以来4年ぶりとなった。

野球スコア速報

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス