文字サイズ

巨人・由伸監督 微妙判定にぶ然 七回守備で塚田の「スイング」に…

 4回、同点ソロを放った岡本を迎える高橋監督(中央)
1枚拡大

 「交流戦、ソフトバンク4-2巨人」(13日、ヤフオクドーム)

 後味の悪い敗戦で4連勝を逃し、巨人・高橋監督の語気が強まった。「あれは(スイングと)判定されちゃうと、もうどうしようもないですけどね」。ぶ然とした表情で、七回守備での微妙な判定に言及した。

 無死一塁。1ボール2ストライクから今村の投じたワンバウンドのボールに塚田がハーフスイング。バットに当たったように見え、ボールはバックネット後方に転がったが判定はファウルではなくスイング。空振り三振となり、ボールが転々とする間に一走は一気に三塁へ到達した。捕手・宇佐見はファウルをアピールしたが、判定は覆らず。この直後に1点を失った。

 2-3から2-4となり「あの1点が重くなってしまったのでね」と指揮官。僅差の終盤での重い判定。その口調に怒りがこもっていた。

野球スコア速報

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス