文字サイズ

まさかあの大和が… 延長11回、痛すぎるトンネルがDeNA敗戦直結

 11回、西浦のゴロを遊撃手大和が後逸。左は二走中村
1枚拡大

 「DeNA5-6ヤクルト」(12日、横浜スタジアム)

 4時間2分の総力戦の末、DeNAは競り負けて連敗を喫した。

 ラミレス監督は「残念ながら、あと一歩及ばなかった」と険しい表情を浮かべて嘆いた。

 拙守が勝敗を分けた。5-5の延長十一回1死一、二塁。西浦のライナー性の打球に対して、「(ゲッツーを)狙いにいった」という遊撃・大和は手前でバウンドさせて捕球しようとしたが、股間をすり抜け、後ろにそらしてしまった。鉄壁の守備を誇る男の今季6個目の失策で満塁にピンチ拡大。押し出し四球で痛恨の勝ち越し点を奪われた。

 大和のミスについて「それも野球の一つ」と責めることはせず、かばった指揮官。借金は2。気持ちを切り替えて13日の試合に臨む。

野球スコア速報

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス