文字サイズ

ミスター苦言…由伸巨人5割逆戻り 山口俊5回5四死球7失点KO

 4回、秋山(手前)にソロを浴び、ぼう然とする山口俊(撮影・田中太一)
1枚拡大

 「巨人0-9阪神」(8日、東京ドーム)

 巨人は、今季最大の得点差をつけられ、宿敵に屈した。先発・山口俊が今季ワーストの5回7失点。8四死球を与えた前回登板同様、四死球から失点する悪循環に加え、投手・秋山に一発を食らう背信投球。「自分の中で隙があったのかなというのもある」と振り返る右腕に高橋監督は「もったいないなあと」と、表情を曇らせた。

 初回は三者凡退に封じたが、二回に暗転した。1死から四球、死球、死球で満塁に。続く梅野の当たりは二塁へのゴロ。併殺コースだったが、二塁・吉川尚のトスを遊撃・坂本勇が捕れず先制を許した。ここから3失点。大きなミスとなったが「そこに行き着くまでがね」と指揮官。満塁とした過程のまずさを指摘した。

 投打に圧倒され、阪神戦の連勝は5でストップ。観戦した長嶋茂雄終身名誉監督は「巨人阪神だから良い試合をしないといけないんだけど、あまりにもはっきりしたゲームだった」と苦言を呈した。菅野と並んで軸として期待される右腕の2戦連続の乱調で、勝率も5割に逆戻りした。

野球スコア速報

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス