文字サイズ

ロッテのドラ1安田、走りは父譲り 駅伝部監督のDNAで7キロも余裕?

 フレッシュさをアピールした安田
1枚拡大

 「ロッテ春季キャンプ」(13日、石垣島)

 ロッテのドラフト1位・安田尚憲内野手(18)=履正社=が第3クール最終日となった練習後、球場から宿舎までの7キロを走り抜いた。

 「普通にクールダウンの感じで走りました」。父・功さんは大阪薫英女学院駅伝部の監督で、その血は脈々と流れているようだ。

 15日からは第4クール。「生き残りの場所ですが、結果だけでなく自分のスイングを求めたい」と話していた。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス