文字サイズ

日本ハム・ドラ1清宮 「右手母指基節骨骨挫傷」打撃練習を1週間制限へ

 病院からタクシーで寮に戻る清宮=千葉・鎌ケ谷
右手親指の張りを訴え打撃、守備練習を回避した清宮
2枚2枚

 右手親指に痛みを訴え、この日の新人合同自主トレを一部別メニューで調整した日本ハムのドラフト1位・清宮幸太郎内野手(18)=早実=が、都内の病院で「右手母指基節骨骨挫傷」と診断されたことが19日、球団から発表された。

 今後は約1週間、打撃練習など患部に負担のかかるメニューを制限する。前日のウエートトレーニング中に痛めたとみられ、この日はキャッチボールや打撃練習を回避。清宮は「大事を取ってという感じです。大したことはないですよ」と軽傷を強調し、報告を受けた栗山監督も「大丈夫でしょ」と話した。

 26日に再検査を受けてもう一度、患部の状態を確認する予定。現状は1軍キャンプに支障はないもようで、大事には至っていない。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス