文字サイズ

稲葉ジャパン公式戦初戦は延長サヨナラ発進!タイブレークで上林、田村が殊勲

延長10回タイブレーク、サヨナラ打を放ち水をかけられるロッテ・田村=東京ドーム(撮影・棚橋慶太)
延長10回、同点3ランを放ち、右手を上げる上林(撮影・出月俊成)
延長10回、サヨナラを決めたロッテ・田村(中央)を手荒く祝福する侍ジャパンナイン=東京ドーム(撮影・出月俊成)
3枚3枚

 「ENEOS アジアプロ野球チャンピオンシップ2017、日本8-7韓国」(16日、東京ドーム)

 稲葉ジャパンの公式戦初戦は延長戦の末にサヨナラ勝ちした。

 4-4で突入した十回からはタイブレーク制が採用され、日本は7番手で又吉が登板。無死一、二塁の場面から先攻の韓国に3点を奪われた。

 しかし、日本はその裏、上林が中堅右へ3ランを放ち7-7の同点。さらに田村の左中間適時二塁打で勝ち越した。

 日本は3-4の九回、1死満塁から京田が押し出し四球で同点としたが、サヨナラ機は逃した。

 三回は2死から源田が四球で出て、近藤健の二塁内野安打と三塁悪送球で1点を先制。1-4の六回は山川が右中間へ2ラン本塁打を放ち1点差に迫った。

 先発・薮田は3回1/3、3安打2失点だった。

 韓国は0-1の四回、金ハソンの左越えソロ本塁打とハ・ジュソクの左犠飛で逆転。さらにイ・ジョンフの左中間2点二塁打でこの回4点を奪った。

 先発のチャン・ヒョンシクは5回4安打1失点だった。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス