文字サイズ

DeNA先発・石田1回2失点で降板…ラミレス監督早い決断

1回、広島打線に連打され汗をぬぐう石田
1枚拡大

 「セCSファイナルS・第5戦、広島-DeNA」(24日、マツダスタジアム)

 DeNA・石田健大投手が1回3安打2失点で降板した。

 先頭の田中に左中間を破る二塁打を浴び、菊池の犠打で1死三塁。続く丸には右前適時打を放たれ、早々と先制点を献上した。2死一、二塁ではバティスタに左越え適時打を許し、この回2失点。二回からは三嶋がマウンドに上がった。

 石田は五回降雨コールドだったファイナルS初戦に登板し、5回3失点で敗戦投手となっていた。翌日には「チャンスがあればと思っています。チャンスをもらえたところでしっかり投げたい」と話していたが、無念の降板となった。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス