文字サイズ

100mハードルのカープ女子が始球式 木村文子「監督が選手の時から応援」

始球式に登場した100mハードル日本代表の木村文子=マツダスタジアム(撮影・堀内翔)
3枚

 「セCSファイナルS・第5戦、広島-DeNA」(24日、マツダスタジアム)

 陸上女子100メートルハードルの木村文子(29)が自身初となる始球式を行った。

 笑顔が印象的な木村は「1」のユニホームに身を包み登場。右腕から投じた球はきれいな弧を描き、ワンバウンドで捕手・会沢のミットに収まった。

 広島県出身で「緒方監督が選手の時から応援に来ていた」という生粋のカープ女子。大舞台には慣れているが「緊張しました。何回か練習しました」と初めての大役を満面の笑みで振り返った。

 大学時代を過ごした横浜にはDeNAファンの友達がいると言い「絶対今日は負けないと言いました」と闘志メラメラだった。

 広島県立祇園北高校から横浜国立大を経て、2011年にエディオンに入社。12年のロンドン五輪に出場すると、17年の世界陸上選手権大会(ロンドン)では、日本人初の女子100メートルハードル準決勝進出を果たした。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      野球最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(野球)

      話題の写真ランキング

      写真

      デイリーおすすめアイテム

      リアルタイムランキング

      注目トピックス