文字サイズ

明大・斉藤6回4失点…アピールできず「今季一番悪かった」

 5回、田口のときにパスボールで得点を許し、ぼう然とする明大・斉藤
1枚拡大

 「東京六大学野球、明大5-4東大」(23日、神宮球場)

 ドラフト上位候補左腕の明大・斉藤大将投手(4年・桐蔭学園)は6回6安打4失点。ドラフト3日前の先発で仕事を果たせなかった。

 「今季一番悪かった。ダメな時にしっかりコースに投げられないと」と反省しきり。それでも、ソフトバンク・山本スカウトは「もともと左打者には嫌らしさがある。右にもスクリュー系で、コースを“ハの字”に使えるようになった」と成長点を挙げた。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス