文字サイズ

ヤクルト飯原らが戦力外 今浪は体調不良で引退

 ヤクルトは3日、都内の球団事務所でベテランの飯原誉士外野手(34)、14年ドラフト1位・竹下真吾投手(26)ら9選手に、来季の契約を結ばない旨を通告した。

 9選手は以下の通り。

 徳山武陽投手(28)=現役続行希望

 竹下真吾投手(26)=未定

 土肥寛昌投手(26)=引退

 中島彰吾投手(25)=現役続行希望

 ジュリアス投手(20)

 星野雄大捕手(28)=現役続行希望

 飯原誉士外野手(34)=現役続行希望

 榎本葵外野手(25)=現役続行希望

 原泉外野手(25)=現役続行希望

 ジュリアス投手は一度自由契約となり、他球団からの獲得オファーがなければ育成契約を結ぶ見込みで、育成選手の田川投手も事務所を訪れ、来季も育成契約を結ぶこととなった。

 また、甲状腺機能低下症に悩まされた今浪隆博内野手(33)は体調不良を理由に引退を球団に告げた。

 他に水谷新太郎2軍チーフ兼内野守備走塁コーチ(63)、笘篠誠治2軍外野守備走塁コーチ(53)も退団することとなった。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス