文字サイズ

U18W杯、日本が清宮の右犠飛などで2点を先制!

キューバ戦の初回、右犠飛を放ち、ベンチに戻る高校日本代表・清宮
2枚

 「U-18W杯・1次リーグB組、日本-キューバ」(3日、サンダーベイ)

 1勝1敗の日本は、2勝のキューバと対戦した。

 日本はMAX149キロ左腕・山下輝投手(3年・木更津総合)が先発。初回にいきなり2死満塁とされたが、6番打者を左飛に打ち取り、ピンチを切り抜けた。

 日本はその裏の攻撃で、まず先頭の藤原恭大外野手(2年・大阪桐蔭)が左中間への二塁打で出塁。そして無死一、三塁から相手の捕逸で先制すると、無死一、三塁から4番・清宮幸太郎内野手(3年・早実)も右犠飛で続いて加点した。

 試合は二回を終えて、日本が2-0でリード。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      野球最新ニュース

      もっとみる

      スコア速報

      主要ニュース

      ランキング(野球)

      話題の写真ランキング

      写真

      デイリーおすすめアイテム

      リアルタイムランキング

      注目トピックス