文字サイズ

広陵・中村 清原超え新記録6本塁打 塁打数、打点も大会新

1回広陵1死二塁、広陵・中村は中越えに先制2ランを放つ(捕手 天理・城下)=甲子園(撮影・山口登)
5回、中村は左中間に同点ソロを放ち大会6号の新記録を達成=甲子園
1回広陵1死二塁、広陵・中村は中越えに先制2ランを放ちガッツポーズ=甲子園(撮影・山口登)
1回表広陵1死二塁、中村は中越えに先制2ランを放つ=甲子園(撮影・佐藤厚)
4枚4枚

 「全国高校野球選手権・準決勝、広陵12-9天理」(22日、甲子園球場)

 広陵(広島)の中村奨成捕手(3年)が初回、1死二塁で先制2ランを放ち、1985年にPL学園・清原和博が記録した1大会最多5本塁打に並んだ。さらに3-4の五回、先頭で打席に入ると、左翼へソロを放ち、大会新記録となる6本塁打とした。

 七回、2死満塁の打席では走者一掃の左翼線三塁打を放った。九回には2死二塁の場面で中前適時打。

 これで1大会個人塁打数も「38」となり、これまで最多の「28」(09年、中京大中京・河合完治)を大きく更新。さらに1大会最多打点記録も「17」に更新した。

 中村の本塁打は3回戦・対聖光学院以来2試合ぶりで、1試合2本塁打は1回戦・対中京大中京以来。衝撃的な2発で、32年ぶりに大記録を塗り替えた。

 ◆中村の今大会打撃成績

 1回戦・対中京大中京 5打数4安打、2本塁打(いずれも右翼)

 2回戦・対秀岳館 4打数3安打、1本塁打(左翼)

 3回戦・対聖光学院 4打数2安打、1本塁打(左翼)

 準々決勝・対仙台育英 5打数2安打

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス