文字サイズ

殿堂入り表彰式で“仙一節” ナゴドの観客増訴えた

 野球殿堂入りし、表彰される楽天・星野副会長(中央)ら
1枚拡大

 「マイナビオールスターゲーム・第1戦、全セ2-6全パ」(14日、ナゴヤドーム)

 今年1月に野球殿堂入りした楽天・星野仙一球団副会長(70)、元大洋・平松政次氏(69)、ロッテ・伊東勤監督(54)が、14日のオールスター第1戦の試合前に表彰を受けた。ファンの前でスピーチした星野副会長は、古巣ナゴヤドームを懐かしむとともに、同球場の観客増を訴え、星野流の愛を見せた。

 闘将はしみじみと語った。「このナゴヤで私のプロ生活が始まり、ナゴヤのファンに育ててもらった。ナゴヤドームで表彰されるのも、何かの不思議な縁だと感じている」。

 そしてスタンドを見渡すと、“仙一節”がさく裂した。「こんなにナゴヤドームにお客さんが入ったのは見たことない。甲子園も、Koboスタ(パーク)も満員です。ガラガラなのはここだけ。もっとドラゴンズを応援してください!」と力強く言い放った。

 熊崎コミッショナーからレリーフを受け取り、楽天・嶋から花束をもらった。「死ぬまで野球界を支えていきたい」。野球界への感謝を込め、恩返しを誓った。

野球スコア速報

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス