文字サイズ

夏3連覇狙う関東第一の最速147キロ右腕・高橋、仕上がり順調2回0封2K

 中央学院との練習試合で2回無失点と好投した関東第一・高橋
1枚拡大

 3年連続の夏の甲子園出場を目指す関東第一(東東京)が30日、千葉県白井市の同校グラウンドで中央学院(千葉)と練習試合を行い、9-1で快勝した。

 最速147キロ右腕・高橋晴投手(3年)が3番手で登板し、2回1安打無失点、2奪三振。7月8日開幕の東東京大会に向けて、順調な仕上がりを披露した。

 球威十分の直球は低めに集まり、4番打者から内角低めで見逃し三振を奪う場面も。春以降はメリハリをつけて打たせて取る投球を磨いていたが「大会では、全部先発するわけではないので。リリーフでは最初からガツンといかないといけない」と、この日は力重視で昨秋の千葉準V校を封じた。

 春の東京大会は準々決勝で敗退したが、最後の夏に向けてはしっかり修正をしてきた高橋。米沢貴光監督も「春より真っすぐも上がっているし、変化球のコントロールもキレもよくなった。順調にきた」と目を細めた。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス