文字サイズ

DeNA飯塚、5回無失点も初登板初勝利ならず オリックスは連敗を6で止める

7回、三上(右)の乱調で勝利投手の権利が消えたDeNA先発・飯塚(左)=横浜スタジアム(撮影・三好信也)
力投するDeNA先発・飯塚悟史=横浜スタジアム(撮影・三好信也)
2枚2枚

 「交流戦、DeNA4-7オリックス」(19日、横浜スタジアム)

 オリックスが逆転勝ちで連敗を6でストップ。交流戦は10勝8敗と2つ勝ち越して終えた。

 0-4の七回に代打・小谷野の左越え3号3ランで1点差とすると、八回にはロメロの左越え11号2ランで逆転に成功した。

 試合を決めたロメロは「しっかりとらえようと思って振りました。体調もいいし、小谷野選手も3ランを打って、チーム自体も調子がいい」とコメントしていた。

 一方、DeNAはプロ初先発の飯塚が5回を2安打無失点と好投。勝利投手の権利を持って降板した3年目右腕だが、中継ぎ陣が逆転され、初登板初勝利はならなかった。

 それでも「マウンドに上がるまではすごく緊張していましたが、試合に入ったら緊張が取れ自分のゾーンに入れました。全体的に自分の投球ができましたが、そのなかでも右打者のインコースに投げられたことが良かったです。楽しく投げられました」と振り返った。

 ラミレス監督も「非常によく投げてくれた」とその力投をほめていた。連勝が4で止まったDeNAは交流戦9勝9敗の勝率5割で終えた。

野球スコア速報

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス