文字サイズ

巨人 高木勇が自身のバント打球で負傷交代…初回には山田の打球直撃

 2回巨人1死一、二塁、送りバントを失敗し併殺に倒れた高木勇=鹿児島
1枚拡大

 「巨人-ヤクルト」(19日、鹿児島県立鴨池野球場)

 巨人は序盤、先発・高木勇がアクシデントによる負傷で緊急降板となった。

 二回の打席で1死一、二塁からヤクルト・ブキャナンの内角球に対し、バントを試みたが、ボールはバットを握った手の付近に当たり、その場に倒れ込んだ。

 打球はフェアと判定され捕-三-一と渡って併殺となったが、高木勇はベンチ裏で治療へ。高橋監督は三回から2番手・篠原を登板させた。

 高木勇はまた、初回のマウンドで2死無走者から山田の放ったライナーを胸付近に受け、はね返った打球を自分がさばいてチェンジに。その後、高木勇はナインに抱きかかえられるようにベンチへ下がったが、二回もマウンドに上がり、今度はその裏の打席で負傷した。

野球スコア速報

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス