文字サイズ

DeNA、新守護神パットンが誤算 初の救援失敗 1点リード守れず逆転負け

9回広島無死一、二塁、ブラッド・エルドレッドに同点適時打を打たれ、肩を落とすDeNAのパットン(中央)=マツダスタジアム(撮影・吉澤敬太)
1枚拡大

 「広島4-3DeNA」(18日、マツダスタジアム)

 完全に相手の勢いにのみ込まれた。詰めの甘さも露呈。“新守護神”を投入して痛恨の逆転サヨナラ負けを喫し、DeNA・ラミレス監督は「広島はタフなチーム。あれぐらいの打線の力はある」と苦い顔で脱帽した。

 1点リードの九回にマウンドに上がったのは、抑えとして登板2試合目のパットン。だが高めに浮いたボールを痛打された。無死一、二塁からエルドレッドに中越えの適時打を浴びて同点。さらに1死二、三塁から会沢に中前へサヨナラ打を許した。

 助っ人の失点、救援失敗は9試合目で初めてだった。指揮官は「打者がいいスイングをして打たれた」とかばったが、パットンは「自信を持って投げ込んだが、球が高くなるとああいう結果になる」と反省した。

 昨年のCSファイナルSで1勝しかできず敗退した球場で、悔しい1敗。パットンは「借りは返したい。チームに勝ちを付けたい」とリベンジを誓って前を向いた。

野球スコア速報

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス