文字サイズ

奈良学園大・宮本、安打&盗塁 9球団スカウトの前でアピール

 プロ9球団のスカウトの前で好プレーを見せた奈良学園大・宮本
1枚拡大

 「近畿学生野球、大阪市大7-3奈良学園大」(14日、舞洲ベースボールスタジアム)

 リーグ15連覇中の奈良学園大が、大阪市大に3-7で逆転負けした。プロ注目の宮本丈内野手(4年・履正社)は、阪神など9球団のスカウトが視察する前で、3打数1安打1盗塁だった。

 九回2死一、二塁。宮本は左飛に倒れ、最後の打者となった。「自分のスイングができなかった」。16年秋から続く連勝が12でストップし、主将として敗戦の責任を背負った。

 見せ場は作った。四回1死で三遊間の打球をスライディングキャッチすると、一塁へ鋭い送球。六回無死は左前打を放ち、二盗も決めた。阪神の山本スカウトは「素材がいいことは分かっているからね」。大学生No.1野手が15日は巻き返す。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス