文字サイズ

西武・秋山、合流即2安打3打点 右足薬指のひびは問題なしを証明

 8回、適時三塁打を放つ西武・秋山
1枚拡大

 「オープン戦、西武7-5DeNA」(25日、メットライフドーム)

 右足薬指の骨にひびが入ったままWBCに出場していた西武・秋山が、周囲の不安を一掃した。

 合流即「1番・中堅」で出場。四回1死二、三塁では右前へ2点打を放ち、直後に二盗。八回は右中間を破る適時三塁打と「(日本)代表やチームのサポートのおかげで、今はいい状態」。辻監督も「あれだけ走れたら大丈夫。心配ない」と安どした。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス