文字サイズ

日本ハム・上沢2年ぶり開幕ローテ当確 5回5安打1失点 

 先発し、5回を1失点の日本ハム・上沢
1枚拡大

 「オープン戦、中日2-5日本ハム」(20日、ナゴヤドーム)

 全力投球が実った。昨年、登板機会なしに終わった日本ハム・上沢がローテ入りに当確ランプをともす力投をみせた。5回を5安打1失点。「なんとか1失点で切り抜けることができたので結果的にはよかった」と喜んだ。

 2年ぶりのローテ入りへ強い気持ちを込めた。栗山監督が「球速以上にボールがくるのが上沢のよさ」と評するように最速141キロも、ゆったりとしたフォームからキレのある直球で試合を作った。

 昨年3月に右肘を手術し、8月までリハビリに費やした。オフには減額制限を超える大減俸。復活を目指す中、オープン戦は計12回を2失点、防御率1・50。「結果を残せたのはいいこと。このまま継続していきたい」と上沢。栗山監督が掲げる開幕ローテ8人構想に入るのは確実だ。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス