文字サイズ

試合後に審判ミス発表 日大三・桜井2度目登板後は別の守備に戻れず    

9回、安田に左越え適時二塁打を打たれる日大三の桜井
1枚拡大

 「選抜高校野球・1回戦、日大三5-12履正社」(19日、甲子園球場)

 日大三-履正社で審判に珍しいミスがあったことが、試合後に大会本部から発表された。

 この試合では九回表に日大三の投手・桜井が投手-中堅-投手-中堅と交代を繰り返した。しかし、公認野球規則では、同一イニングで投手が2度目のマウンドに立てば、次は別の守備位置に移ることはできないと定められている。

 この試合の審判幹事を務めた日本高野連の木嶋一黄・審判技術顧問は「幹事として審判にアドバイスできなかったこちらのミス。今後は2度目の登板の際に(選手に規則を)伝えるなどしたい」と話した。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス