文字サイズ

侍ジャパン オランダとの延長タイブレーク制し、2次リーグ白星発進

オランダとの死闘を制し笑顔でハイタッチをかわす中田(左)らナイン=東京ドーム(撮影・園田高夫)
3枚

 「WBC・2次リーグE組、オランダ6-8日本」(12日、東京ドーム)

 日本がオランダとの激闘を延長で制し、1次リーグから無傷の4連勝。2次リーグ初戦を劇的な勝利で飾った。

 6-6で延長タイブレークに突入した十一回。無死一、二塁の状況からスタートし、先頭の鈴木(広島)が送りバントを決め、1死二、三塁。ここで中田が詰まりながらも打球は遊撃手の頭上を越え、レフトへの2点適時打となった。

 その裏、十回からマウンドに上がっている牧田(西武)が、無死一、二塁からのオランダの攻撃を封じて、5時間近い死闘に終止符を打った。

 日本は二回、中田(日本ハム)の左翼線二塁打から、秋山(西武)の左犠飛で先制。同点に追い付かれた直後の三回には、中田の3試合連発となる3ランが飛び出した。先発の石川(ロッテ)は3回5失点で降板。再び追い付かれる展開となったが、五回には2死二塁から小林(巨人)の中前適時打で再び勝ち越した。

 日本は2番手以降、平野(オリックス)、千賀(ソフトバンク)、松井(楽天)、秋吉(ヤクルト)、宮西(日本ハム)、増井(日本ハム)とつなぎ、再三のピンチをしのいできたが、九回にマウンドに上がった則本(楽天)が2死から痛恨の同点適時打を浴び、延長に入っていた。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      野球最新ニュース

      もっとみる

      スコア速報

      主要ニュース

      ランキング(野球)

      話題の写真ランキング

      写真

      デイリーおすすめアイテム

      リアルタイムランキング

      注目トピックス