文字サイズ

侍・中田が勝ち越し3ラン「集中して打席に入った」 3試合連続アーチ

3回、3ランを放つ日本ハム・中田翔=東京ドーム(撮影・棚橋慶太)
3枚

 「WBC・2次リーグE組、オランダ-日本」(12日、東京ドーム)

 1-1の同点に追い付かれた日本は三回、中田(日本ハム)の3試合連続となるアーチで、すぐに勝ち越しに成功した。

 1死から菊池が4試合連続安打となる三塁内野安打を放ち、出塁。ヘッドスライディングで一塁に飛び込むと、青木の打席では3球目に二盗を成功。得点圏に進んだ。ここで青木は三塁線を襲う内野安打で出塁。足で一、二塁のチャンスを作った。

 4番・筒香は空振り三振に倒れたが、中田だ。1-1から3球目。2球続けたスライダーを狙った。フルスイングした打球は、大きな弧を描いて左翼スタンドへ。貴重な勝ち越し3ランとなった。

 「チャンスで点を取ることだけを考えて、集中して打席に入りました」と中田。WBCで日本代表選手の1大会3本塁打は、第1回(2006年)の多村仁に続いて2人目。3試合連続本塁打は初となった。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      野球最新ニュース

      もっとみる

      スコア速報

      主要ニュース

      ランキング(野球)

      話題の写真ランキング

      写真

      デイリーおすすめアイテム

      リアルタイムランキング

      注目トピックス