文字サイズ

小久保流複数ポジション“初陣”エラー0 遊撃・菊池は戸惑いなし

 小久保監督(左)と話し込む(右から)山田、菊池、中島
1枚拡大

 「侍ジャパン強化合宿」(7日、QVCマリンフィールド)

 小久保監督が掲げる“複数ポジションプラン”が早速、試された。今合宿初のシート打撃。遊撃が本職の日本ハム・中島が二塁、広島・菊池が遊撃、ヤクルト・山田が三塁に入るなど、守備位置が目まぐるしく変わった。

 指揮官は「シートノックより、実戦の方がより準備としてはいいと思ったので」と説明。守備機会のない選手もいたが、失策はゼロ。菊池は「シーズン中も(遊撃で)ノックを受けていた」と戸惑いはなく、中島は「景色に慣れていかないと」と表情を引き締めた。

 3日後に迫る強化試合で“新ポジション”が試される可能性について仁志内野守備走塁コーチは「ないことはない」と含みを持たせた。来年のWBCを見据え、限られた時間の中で練度を上げていく。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス