文字サイズ

DeNA梶谷、骨折おしてダイブキャッチ&適時打

8回、広島・新井貴浩の邪飛をつかみ取ったDeNA・梶谷隆幸(左)はあおむけになる=マツダスタジアム(撮影・北村雅宏)
3枚

 「セCSファイナルS・第3戦、広島0-3DeNA」(14日、マツダスタジアム)

 左手薬指末節骨を骨折しながら強行出場しているDeNA・梶谷隆幸外野手が執念のダイビングキャッチと適時打でチームの勝利に貢献した。

 四回にエリアンの2ランで先制した後の五回、目の前で筒香が歩かされ2死一、三塁で打席に入り、右翼前に適時打を放った。さらに、守備では八回、2死満塁のピンチで新井の右翼フェンス際へのファウルフライをダイビングキャッチ。最後までボールは落とさなかった。

 巨人とのCSファーストS第3戦で死球を受けた際に負傷。その試合は途中交代したが、ファイナルSでは出場を志願した。ラミレス監督もその思いに応える形で起用を続けている。先発し7回無失点と好投した井納も「骨折しながらああいうプレーができるのはチームの士気も上がってきます」と最敬礼だった。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      野球最新ニュース

      もっとみる

      スコア速報

      主要ニュース

      ランキング(野球)

      話題の写真ランキング

      写真

      デイリーおすすめアイテム

      リアルタイムランキング

      注目トピックス