文字サイズ

巨人軍が脱帽…王者ソフトに6連敗

 「交流戦、ソフトバンク7-5巨人」(12日、ヤフオクドーム)

 力の差を痛感した3日間となった。巨人が日本シリーズ2連覇中の王者・ソフトバンクに挑んだ敵地での3連戦。結果は無残だった。ひとつも勝利を手にできずに終わり、昨年からカード6連敗。印象を問われた高橋由伸監督は「3つ負けたんだから強いんじゃないですか」と淡々と振り返った。

 初戦こそエース・菅野の奮投で接戦に持ち込んだ。だが前日は今村、そしてこの日は高木と先発が早々と打ち込まれた。高木は伏兵・城所に2打席連発を喫するなど5回5失点。「同じように打たれてしまった」と肩を落とす2年目右腕に、指揮官は「もう少し粘ってくれないと」と苦言を呈した。

 相まみえてこそ分かる相手との差。主将の坂本は「正直、強いなと思った。あそこに勝てる強さが僕らには足りない」と言えば、村田ヘッドコーチも「悔しいが、受け入れなければしょうがない」と険しい表情でバスに乗り込んだ。チームは4連敗で借金生活に突入。福岡での敗戦を糧に、本拠地で仕切り直しを図る。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      野球最新ニュース

      もっとみる

      スコア速報

      主要ニュース

      ランキング(野球)

      話題の写真ランキング

      写真

      デイリーおすすめアイテム

      リアルタイムランキング

      注目トピックス