文字サイズ

ドラ3柴田ポロリ…ラミDeNA初黒星

 8回、石原の打球を捕り損ね、追加点を献上する柴田
1枚拡大

 「広島3-1DeNA」(26日、マツダスタジアム)

 前夜のヒーローを悪夢が襲った。八回、2死二塁から二ゴロを捕球したDeNAドラフト3位・柴田竜拓内野手(国学院大)が、ボールを握り損ねてポロリ。二走の生還を許す適時失策となった。

 ラミレス監督は「完全に流れが相手にいく失点の仕方だった」と指摘。柴田も「簡単にいきすぎてしまった。自分は守備で使われている選手。反省しています」と唇をかんだ。

 意地は見せた。失策後の九回の打席で投手強襲安打を放ち、プロ初の猛打賞。打率・667としたが、「そんなことはどうでもいいです」と守備のミスを悔いた。

 ラミレス監督は「柴田には打ってもらってうれしく思う。エラーは出るもの。心配していない」と前を向く。初黒星をかみしめながら、「あした勝って、勝ち越して横浜に戻りたい」と誓った。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス