文字サイズ

野村氏「野球賭博は教えていない」

 報道陣が用意したボールを手に投球を披露する野村貴仁氏=高知市内
3枚

 オリックス、巨人の元投手、野村貴仁氏(47)が12日、高知市内の自宅近くで取材に応じ、現在は野球を教える仕事をしているとした上で、教え子には、昨年野球賭博に関わったとして失格選手となった元巨人・松本竜也投手がいることを明かした。

 野村氏は一部で無職と報じられていることに、「無職じゃない。少年野球の会社を、プロに行かせるためにやっている」と反論した。2011年度ドラフト会議で巨人から1位指名されて入団した左腕・松本元投手が、プロに送り出した教え子第1号だという。

 現在はパソコンや電話が壊れており外部との連絡手段がない状況だとしながらも、「口コミで来る人はいる」と、入門希望者がいると力説。荒れ放題の部屋の様子がテレビで流れたが、「貯金はある。額は言えないけど」と、困窮しているわけではないとした。

 野村氏にとって松本元投手は、社会人・三菱重工三原時代の先輩の息子に当たると説明。松本元投手が昨年、野球賭博に関与したとして失格選手となったことに「才能は抜群だったが、状況判断できないからプロに行くのはやめろと言った。プロに入ってからはノータッチ。野球賭博は教えていない」と力説した。

 野村氏が設立したとされる野球教室のホームページには「プロ野球選手になりたいなら私の指導を受けるべきだと断言します」「断念時には適切な進路のアドバイスをしております」などとPR。松本元投手についても「第1号のクライアントでした」と紹介している。

  ◇   ◇

 野村貴仁(のむら・たかひと)1969年1月10日生まれ、47歳。高知県出身。現役時代は左投げの投手。高知・高岡高宇佐分校から社会人・三菱重工三原を経て、1990年度ドラフト3位でオリックスに入団。中継ぎ左腕として95、96年のチームのリーグ連覇に貢献。98年に巨人にトレード移籍し、2001年まで在籍。02年は米大リーグ・ブルワーズ、03年は日本ハム、04年は台湾球界でプレーした。NPB通算344試合登板、24勝22敗39セーブ、防御率3・21。06年10月、覚せい剤取締法違反(使用)の疑いで逮捕され、後に有罪判決を受けた。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス