文字サイズ

前阪神投手コーチ山口氏が関大で指導へ

 関大が臨時コーチ招へいを検討している山口高志氏
1枚拡大

 関西学生野球リーグで34度の優勝を誇る関大が、OBで昨季まで阪神1軍投手コーチを務めた山口高志氏(65)の招へいを検討していることが20日、分かった。春季キャンプなどスポットでの投手指導を依頼する方針。2月3日に予定される同氏の学生野球資格回復を待った上で、要請する見通しだ。

 山口氏は関大時代、リーグ歴代最多となる通算46勝をマークするなど、数々の連盟記録を樹立。阪急でも輝かしい実績を残し、現役引退後はオリックス、阪神でスカウトや投手コーチを歴任してきた。阪神の2軍投手コーチ時代には藤川球児の素質を開花させるなど、指導力には定評がある。

 昨年12月には学生野球資格回復研修を受講しており、その際に「体が動くうちは野球界に関わっていたい。(アマ側で)そういうチャンスがあればぜひ」と語っていた。関大側は豊富な指導経験に着目しており、関係者は「しっかりと手続きを踏んでから」と明かした。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス