文字サイズ

東京ガス山岡 マエケンストレート習得だ

 今秋ドラフト1位候補の東京ガス・山岡泰輔投手(20)が5日、都内の同社グラウンドでチームの初練習に参加。最速150キロ右腕は、広島からメジャー挑戦する前田健太ばりの直球を身に付け、都市対抗制覇を目標に掲げた。

 落差抜群のスライダーが代名詞だが、直球が「永遠のテーマ」と話す。理想に挙げたのがマエケンだった。「横にも角度があってきれい」という質を追い求めるのはもちろん、「常時150キロ出るようにしたい」と、球速アップももくろむ。すでに肉体改造に着手し、現在66~68キロの体重を1年で75キロに増やす計画だ。

 この日は広島、ロッテなど4球団のスカウトが訪問。広島の尾形スカウトは「1位候補だし、地元(広島)出身。スライダーはすぐ通用する」と熱視線を送った。

 昨年末には楽天・松井裕ら高校日本代表時代の仲間と食事に出掛け、刺激を受けた。「チームを日本一にしてからプロに行きたい」と、力強く決意を口にした。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス