文字サイズ

巨人が警戒、虎外国人ヘイグ密着マーク

巨人の高橋由伸監督
1枚拡大

 巨人が、阪神の新外国人マット・ヘイグ内野手(30)に警戒を示していることが11日、分かった。昨年まで巨人も優良外国人としてリストに入れていた経緯もあり、来春のキャンプ初日からスコアラーを配置し、する方針だ。

 各球団の補強が進む中、巨人関係者は「阪神のヘイグはある程度の打率は残すと思う」と証言。ヘイグを“マートン2世”として注目し、分析を進めることを明かした。

 警戒心を強めるのには理由がある。実は昨年、巨人もヘイグをリストアップし、編成担当者が調査。構えた位置からグリップが下がる、いわゆる“ヒッチ”する打撃フォームが懸念材料となり獲得は見送られたが、強打の助っ人候補として評価していたもようだ。

 「ヒッチする打者は一般的に直球には差されやすい。直球系、変化球への対応をしっかりと研究していく」と巨人スコアラー。王者ヤクルトはもちろん、金本監督が就任した新生阪神に対しても、目を光らせていく。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス