文字サイズ

専大松戸・原2失点敗退…8球団視察

 「高校野球・春季関東大会2回戦、健大高崎5-3専大松戸」(17日、富士北麓公園)

 専大松戸は高崎健康福祉大高崎に競り負けた。プロ注目の最速148キロ右腕・原嵩投手(3年)は、救援で1回1/3を2失点。昨秋以来の公式戦登板に、阪神、巨人など8球団のスカウトが集結した。

 2点差を追いつかれた直後の八回2死満塁で、右翼からマウンドへ。最初の打者を一飛に仕留め、ピンチを脱出した。九回にセーフティースクイズなどで失点したが、直球は最速144キロを計測。中日・中田スカウト部長は「まだまだ球速も上がる。(身長185センチで)体もあるし、素材的には間違いなくいい」とうなずいた。

 他投手の育成が優先で、県大会で登板がなかった原は「腕を振って思いきり投げることができた」と納得顔。持丸修一監督も「夏は原中心で行く」と、さらに信頼を厚くした。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      野球最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(野球)

      話題の写真ランキング

      写真

      デイリーおすすめアイテム

      リアルタイムランキング

      注目トピックス